レンタマ マガジン

初心者のための最新家電メディア

camera

カメラを始めたい方必見!一眼レフ・ミラーレス・コンデジの魅力を比較

投稿日:

旅行先の息をのむ景色や、何気なく街中で見つけた素敵なカフェ。大切な思い出は写真に撮って残しておきたいものですよね。
ただ、「本格的なカメラで撮影したいけれど、ジャンルがありすぎてどれを選べばいいのかわからない」
なんて悩んでしまったことはありませんか?

今回はカメラを始めようとしているみなさんに、3種類のカメラを種類別にメリットとデメリットを挙げてご紹介します。

コンテジの特徴

一口にカメラといっても、デジタルカメラには大きく分けると、「コンパクトデジタルカメラ(通称コンデジ)」、「ミラーレス一眼」、
「一眼レフ」の3種類があります。この中でも、お財布にやさしく、手に取りやすいのが「コンデジ」です。

コンパクトで軽い

レンズ一体型であるため、レンズを携帯する必要がなく、コンデジの名前にふさわしくコンパクトで軽いことが特徴です。
製品によってはポケットに入る程の大きさのものもあり、携帯性にすぐれています。写真を撮りたいと思った時に、ポケットやカバンからさっと取り出すことができ、シャッターチャンスを逃しません。また、手振れ補正や高倍率ズームを搭載している商品が多く、初心者の方にも扱いやすい仕様となっています。

レンズ交換ができない

このようにメリットも多いコンデジですが、反面デメリットもいくつかあります。先ほどはメリットに挙げていたレンズ一体型という特徴も、裏を返せばレンズ交換ができないため、撮影に限界があります。被写体をズームで拡大したり、近づいてアップでとったりといった自由さは、レンズを交換することでできるようになるため、コンデジが苦手にしていることの1つです。
また、基本的には暗闇での撮影もあまり得意ではありません。夜景を撮影することが多い場合は、夜景撮影に強いコンデジを選んで購入するようにしましょう。機能や価格帯はもちろん、どのようなシーンで使うことが多いのか用途に合わせて選ぶことでデメリットが気にならず、快適に使うことができますよ。

一眼レフカメラの特徴

一眼レフカメラの「レフ」は、「光を反射する」というreflex(レフレックス)から来ています。
レンズから通った画像をレフ版(反射鏡)を用いて直接ファインダーに映すため、自然な画像を確認することができます。そのため、目も疲れにくく、ピントの細かい調節や構図決定もお手の物。物理的に画像を映すため、省エネで、バッテリーも長持ちします。

高画質

一眼レフの最大のメリットはやはりその「高画質」。さらに、撮影シーンやシチュエーションに合わせてレンズを交換することで、幅広い写真を撮ることができます。背景をぼかして被写体を立体的に見せたり、遠くの野鳥を撮影したりといった自由度が高い写真が撮れることは、一眼レフならではです。

レンズが交換できる

レンズを交換することにより、多様な写真が撮れる、ということは一眼レフの利点なのですが、一方で様々な種類のレンズが必要になるため、持ち運びが大変というデメリットがあります。一眼レフ本体も大きくて重いので、レンズと一緒に運ぶとなるとかなりの重労働になってしまいます。また、カメラ本体の高価格に加え、レンズによってはカメラより高価なものも存在します。中古品や型落ち製品で一式揃えようとすれば、10万円強で揃えることも不可能ではありませんが、一眼レフを使って写真を楽しむには、ある程度の出費は覚悟する必要があります。本体だけでなく、付属品にかかる費用も考慮して、購入を検討しましょう。

ミラーレス一眼の特徴

最近話題のミラーレス一眼。その名の通り、一眼レフとは異なり、内部のレフ版(反射鏡)がないことから「ミラーレス」と呼ばれています。ファインダーのスクリーン上に液晶を使っているため、覗いて撮影することが可能で、明るい屋外のような場所でも被写体をしっかりと確認することができます。

持ち運び優位でレンズも交換できる

一眼レフほど重くはないので、持ち運びも便利。レンズの交換が可能で、撮影の自由度と高画質を保証してくれます。スタイリッシュでおしゃれなデザインは、ファッション性を気にする方や女性たちから支持を集めています。機械にあまり詳しくない人や初心者にも使いやすく、簡単に操作、撮影ができるように工夫されていることも、ミラーレスカメラの魅力です。

レンズの種類には限界がある

こんなにいいことばかりのミラーレスですが、デメリットももちろんあります。
レンズの交換が可能とはいうものの、一眼レフに比べると種類の豊富さには限界があるため、物足りなさを感じてしまう可能性があります。特に風景を撮ったり、遠くの被写体を撮ったりすることは苦手なので、撮りたいと思う写真が、ミラーレスで撮ることができるかどうか事前に確認して購入しましょう。
また、ファインダーのスクリーンに液晶画面を使っているため、液晶画面の操作が必要でピントが合わせにくく、目が疲れやすいといったデメリットがあります。ファインダーを介して液晶画面に被写体を移すことから、一眼レフに比べると画面に被写体が映る際に、タイムラグが多少生じてしまうこともあります。消費電力が大きいため、バッテリーの持ちにも注意して使う必要があります。

まとめ

ご説明したように、「コンデジ」、「一眼レフ」、「ミラーカメラ」それぞれにメリット・デメリットがあり、種類によって得意・不得意も異なります。初心者の方にはこれ、というよりも、ご自身が撮りたい・撮ってみたい写真のジャンルや用途に合わせて、機能や価格も考慮に入れながら、みなさん個人にとってのベストなカメラを見つけてみてくださいね。

-camera

関連記事

カメラ初心者必見!三脚の使い方や選び方ガイド!

三脚とは 三脚はカメラを固定しながら安定して撮影するための道具です。三脚を使わないで撮影できるならば、それに越したことはありません。何故なら三脚は荷物としてかさばるため、持ち運びに一苦労することがある …

実際GoProは何がすごいの?おすすめ機種から選び方まで解説!

GoProってよく聞くけど何がそんなに良いんだろう?どんなカメラなんだろう?と思っている方に、GoProの凄さを徹底解説します! オススメポイントは? Goproのおすすめポイントは超広角レンズを採用 …

カメラ初心者必見!チルト式とバリアングル式の違いを詳しく知ろう!

みなさんは「チルト式」と「バリアングル式」という言葉をご存知でしょうか。 カメラの購入を考えたことがある方は、名前だけ知っているけど、詳しい違いまでは分からないとういう方も多いのではないでしょうか。 …

【完全マニュアル】GoProアプリの初期設定方法や使い方

GoProを使うならアプリも一緒に使いこなせるようになる必要があります。ここではアプリにはどんな機能があるのかから、設定方法までご紹介します。 GoProアプリを使う前に アプリを使う時は事前に対応機 …

前機種との違いは?HDR-CX485の実力に迫る!

皆さんは、HDR-CX485というビデオカメラをご存知ですか?HDR-CX485とは、長年映像分野でトップシェアーを誇っているソニーが開発し販売しているデジタルHDビデオカメラレコーダーです。今回は、 …