レンタマ マガジン

初心者のための最新家電メディア

camera

あると便利だけど本当に必要?ロボット掃除機のメリットとデメリット

投稿日:

普段の家事の手間をかなり楽にしてくれるロボット掃除機。一人暮らし程度の広さであればロボット掃除機は必要ないかもと思っている方もいるかもしれません。
しかし、ロボット掃除機は一人暮らしであっても、持っていれば生活がかなり便利になります。そこで、ロボット掃除機のメリット・デメリット、そして2018年現在でおすすめのロボット掃除機を紹介します。

ロボット掃除機とは

ロボット掃除機はその名の通り、部屋の掃除を自動でしてくれるロボットのことを言います。2018年は家電の売れ行きがとても良いと言われていますが、その中でも特に売れ行きが良いのがロボット掃除機です。
ロボット掃除機と言えば真っ先に名前が挙がるのがiRobot「ルンバ」で、ロボット掃除機というワードを知らなくてもルンバという名前は知っているという方も多いのではないでしょうか。ただ、ルンバが世に知られ始めた頃はロボット掃除機=高価というイメージが強かったですが、現在はルンバ以外のお手軽価格のロボット掃除機もたくさん登場しています。このようにロボット掃除機は庶民でも気軽に手に入るものになりつつあると言えるでしょう。

小さめのロボット掃除機も

一人暮らし程度の部屋の広さであれば、ロボット掃除機はもったいないと思ってしまう方も多いでしょうが、そんなことはありません。むしろ、一人暮らしであれば家事をどうしてもおろそかにしてしまいがちなので、ロボット掃除機を購入しても損は無いどころか得だらけと言えるでしょう。
ただ、一人暮らしの間取りでロボット掃除機を使うと、サイズが大きすぎて「動いてくれるのか?」と思う方もいるかもしれません。確かに家庭向けのロボット掃除機は大きすぎて独り暮らし向けでは小回りが利かずに部屋をきれいにすることは出来ません。しかし、近年では一人暮らし用でサイズが小さめのロボット掃除機が多数登場しています。

ロボット掃除機のメリット

ロボット掃除機のメリットと言えば、やはり掃除を自分でする必要が無い点が大きいと言えるでしょう。特に一人暮らしであれば、仕事から疲れて帰ってきてもロボットが部屋の掃除を済ませてくれるので、仕事終わりや休みの日の家事の負担を減らすことが出来ます。
また、自分で掃除機を使って掃除をする場合、ベッドの下などといった家具の隙間の掃除はなかなか出来ませんよね。ロボット掃除機であれば、このような隙間もスムーズに掃除をすることが出来ます。
それに加えてロボット掃除機は掃除をしている姿がとてもかわいらしく、ペット感覚でロボット掃除機を愛用している人も多いです。そのため、ロボット掃除機はペットは買えないけれども癒しが欲しい方にもおすすめと言えるでしょう。

ロボット掃除機の注意点

ロボット掃除機は部屋の中のホコリをすべて吸い取ることが出来ると言うわけではありません。部屋の隅、特に部屋の角にあるホコリはどうしても残ってしまうため、この部分の掃除は定期的に自分で行わなければいけません。また、ホコリが大きすぎる場合、吸い取れなかったり、詰まってしまったりする可能性もあるため、大きめのゴミは事前に避けておく必要もあります。
それにペットを飼っている場合、ロボット掃除機がペットの刺激になってしまう可能性も高いです。ロボット掃除機は部屋の中を動くので、ペットからするとケンカ・遊び相手に見えてしまうことがあります。ペットが乗ることで壊れてしまう場合もあるので、ペットを飼っている場合は要注意です。

おすすめのロボット掃除機

「Eufy Robovac11S」

コスパを重視する方におすすめなのが「Eufy Robovac11S」です。
2万円程度とロボット掃除機の中ではかなり安価です。しかも強化ガラスをボディに採用しているので光沢があって、見た目がきれいでかわいらしく、家電ファンだけでなく女性からも高い人気を得ています。
センサーの感度もとても良く、壁にぶつかる前に方向転換をして掃除を進めてくれるので、壁に傷をつけてしまう心配がありません。
それに加えて、こちらの機種では掃除の時間を予約することが出来ます。静音設計なので掃除をしている最中の音もそれほど気にする必要が無く、寝ている間に予約をして掃除をお任せしても問題ありません。

「iRobot ブラーバ ジェット」

しっかり掃除をしたいなら「iRobot ブラーバ ジェット」がおすすめです。ルンバを製造しているiRobotの製品なので、安全性やクオリティは申し分ないと言えるでしょう。
ブラーバは拭き掃除に特化したロボット掃除機です。部屋の床の拭き掃除はなかなか時間がある時にしか出来ませんし、時間もかかってしまいますよね。しかし、ブラーバを使えば20~30分程度で部屋の拭き掃除を終えることが出来ます。
仕様する際には事前に掃除機などで部屋のホコリを取っておく必要がありますが、労力も時間も要してしまう拭き掃除をロボットにお任せ出来ると言う点はかなり便利ですよね。それに、スマートフォンにアプリを入れればスマートフォンでロボットを操作出来る点もとても好評です。

まとめ

ロボット掃除機のメリット・デメリット、2018年おすすめのロボット掃除機を紹介しましたがいかがでしたか?
一人暮らしでもロボット掃除機を部屋に置いていれば、毎日の家事が快適になることは間違いありません。徐々に一人暮らし向けの小回りが利くものや、安価なものも増えてきているので、部屋の掃除が面倒なのであればロボット掃除機の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

-camera

関連記事

[2018年版]どれがいいの?初心者にオススメの一眼レフカメラを大紹介!

皆さんは、一眼レフカメラとは何なのか、正確に答えることができますか一眼レフカメラとはレンズが交換できるタイプのカメラのことで、フィルムタイプのものもありますが現在ではデジタルカメラが主流となっています …

GoProはインスタ映えに必須!?基本的な使い方からジンバルまで紹介

いまや若者だけの言葉ではなくなりつつある「インスタ映え」。今回は、そんなインスタ映えをする写真をカンタンに撮ることのできるアクションカメラ、GoProについて、基本的な撮影の方法やジンバル、自撮り棒を …

初めてのミラーレス一眼レフカメラ、最高のカメラを選ぶ方法

ミラーレス一眼レフカメラとは、デジタル一眼レフカメラを小型軽量化したカメラです。重くて大きなカメラを持ち歩きたくなくても綺麗な写真が撮りたいという人を中心に愛用されています。種類も豊富なため、初心者に …

チャンスを逃すと撮れなくなってしまう!赤ちゃんの撮影はこまめにしておくべき。

赤ちゃんが産まれると、育児と家事で大忙しになってしまい、赤ちゃんの写真を撮る余裕なんて全然ないという方もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんの成長はとても早く、機会を逃すともう二度と撮影することができ …

もはや愛しい!床拭きロボットブラーバの可愛いところ

自動お掃除ロボットといえばルンバが有名ですが、ほかにも注目機種があるのを忘れてはいけません。その名は「ブラーバ」、ルンバ以上に小回りが利くボディで、部屋の隅々まで自動で掃除してくれる優れものです。お掃 …