レンタマ マガジン

初心者のための最新家電メディア

camera

運動会を思い出を綺麗に残すカメラの選び方、撮影のコツを紹介!

投稿日:

年に一度の運動会。子供の成長の記録を残すためにも、出来れば綺麗な動画を撮影したいですよね。
運動会で子供を撮影する時は、動画に適したカメラを用意しましょう。綺麗な動画を残しておけば、子供が成長した時に喜んでもらうことができます。
ここでは、運動会に適したカメラの選び方と、綺麗に撮影するコツについて紹介します。

おすすめはビデオカメラ

運動会で子供の姿を残すなら、スマホではなくビデオカメラを使いましょう。ビデオカメラは30分以上の長時間撮影に特化したカメラなので、子供が動き回る運動会などの撮影に向いています。
現在のビデオカメラはハイビジョンが主流となっているため、人生の大切な瞬間を撮影するのに最適です。手ブレ補正やズーム機能など、便利な機能も備わっているため、スムーズに撮影することができるでしょう。
ビデオカメラは片手で構えやすいため、三脚がなくてもある程度綺麗な動画を撮影することができます。光学ズームの倍率も高いので、自分の子供だけズームして撮影するなど、柔軟に対応することができます。

走る被写体を撮影するコツ

高速シャッタースピードにする

走る被写体を手ブレなしで上手に撮影するには、被写体の動きの速さに合わせなければなりません。そのためには、シャッタースピードをうまくコントロールすることが大事です。
シャッタースピードを遅くしてしまうと、動きの速い被写体に追いつくことができず、ブレた写真が出来上がってしまいます。運動会で動き回る子供を綺麗に撮影したいなら、事前に高速シャッタースピードに設定しておきましょう。
シャッタースピードを変えることによって雰囲気の異なる写真ができあがるため、場面ごとに設定を変えてみるといいでしょう。シャッタースピードを少し低めに調整すれば、躍動感のある写真が出来上がります。

AFモードを攻略する

走る被写体はピントを合わせるのが難しくなります。動き続ける被写体にピントを合わせ続けるためには、AFモードを攻略することが大事です。
一口にAFモードと言ってもAF-AやAF-Cなど様々な種類があるので、きちんと使い分けなければなりません。
走る被写体を撮影する際に向いているのは、AF-Cです。ただAF-Cの場合、被写体の動きが不規則だとピントを外してしまうことがあるため、その際はAF-Sを使うこともあります。
運動会は子供が動いたり止まったりの連続なので、このAFモードをうまく使い分ける必要があります。スタート前など止まっている時の写真を撮る時はAF-S、走っているシーンはAF-Cで撮影するといいでしょう。

カメラをしっかり構える

走る被写体を撮影する時は、カメラの機能ばかりに頼るのではなく、撮影中の構え方にも注意が必要です。しっかり構えていないと手ブレが発生してしまうので、両脇を締めて、カメラをしっかりホールドして撮影しましょう。
子供が走っているところをカメラだけで追いかけようとすると、手ブレが発生しやすくなるため注意しなければなりません。流し撮りをする際は、カメラを両手でしっかりと構えたまま、体の向きを被写体に合わせるようにしましょう。そうすると手ブレが発生しにくくなります。腰を中心に体を回すようにすると、走る被写体の撮影に成功しやすくなります。撮影中は、なるべく手を動かさないように注意しましょう。

おすすめのビデオカメラ

SONY 「HDR-CX680」

運動会で長時間撮影するとなると、手や腕がだるくなって手ぶれが発生しやすくなります。動きながら撮影したり、ズームアップで撮ることも多いため、手ブレを防ぐのは大変です。そんな時に役立つのが、ソニーのデジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-CX680」です。HDR-CX680は超強力手ブレ補正の備わった高画質ハンディカムなので、三脚なしで滑らかな撮影が可能になります。また、他のビデオカメラよりもワイドに撮影することができるので、近距離撮影も無理なく対応できます。子供の走る姿やお弁当を食べている姿まで、様々な場面を撮影できるため、これ1台あれば運動会で重宝するでしょう。

Panasonic「W585M」

パナソニックの「W585M」は、軽量かつコンパクトなビデオカメラなので手が疲れにくく、運動会などの長時間撮影に向いています。
W585Mが他のビデオカメラと異なるのは、メインカメラの他にサブカメラが搭載されている点です。メインカメラとサブカメラで同時撮影ができるため、これまでと違った楽しい撮影が可能になります。メインカメラで運動会の様子を撮影しながら、サブカメラで撮影者の横顔を同時撮影できるため、親子の思い出づくりに最適です。
自動の手ブレロック機能が備わっているため、スムーズな動画を撮影することも可能です。高倍率ズームも搭載されているので、遠くにいる子供でも、鮮明かつきめ細やかに撮影することができるでしょう。

まとめ

運動会の雰囲気をうまく撮影するには、運動会に適したカメラを選ぶことが大事です。これまで手ブレなどで悩んでいた人も、カメラをきちんと選べば、綺麗な動画を撮影することができるでしょう。
カメラの選び方だけでなく、走る被写体をうまく撮影するコツをおさえておくことも大事です。ポイントをしっかり抑えておけば、綺麗な動画を残すことができるでしょう。

-camera

関連記事

Goproでインスタ映え写真を撮ろう!使い方もご紹介します!

皆さんは「GoPro」という言葉をご存知ですか。最近では、インスタ映え写真を撮るために使用されることも多く、その名を聞いたことがあるという方も増えているのではないでしょうか。ここでは、名前は知っている …

サーフィン撮影をするなら!おすすめのカメラとアクセサリー

綺麗でカッコイイサーフィンの魅力をネットで共有したい時、通常のカメラでは水没で故障してしまいます。水に強い専用のカメラがあり、サーフィン撮影の方法として定番の物もあります。スタンダードな撮り方としては …

シーン別!旅行用レンズの選び方と本数

旅行の思い出を振り返ったり旅行先で見たものを誰かに表現したりするときに便利な写真。旅行のお供にカメラを持っていきたいと考える人も少なくないはず。とはいえ、レンズもたくさん種類があってどれを持っていけば …

ビデオカメラは4Kの時代。これから4Kビデオカメラを選ぶための性能比較

ビデオカメラに求められる画質は時代とともに進歩し続けてきました。そしてテレビの4K放送の始まりとともに、ビデオカメラはフルHD(ハイビジョン)から4Kの時代へと移り変わろうとしています。 これから4K …

【2018年版】JVCのビデオカメラの特徴・最新版オススメランキング

現在、国内のビデオカメラ市場はパナソニック、ソニー、そしてJVCの3社が上位で争う展開が続いています。 そんなビデオカメラ3強の中から今回はJVCのビデオカメラの特徴の解説と最新のオススメのランキング …