レンタマ マガジン

初心者のための最新家電メディア

camera

画素数だけで判断しない!スマホには出せない一眼レフの魅力って?

投稿日:2019-01-08 更新日:

一眼レフカメラを持つことに憧れているという人も、多いのではないでしょうか。しかし、最近ではスマホのカメラ機能も、高性能になってきていますよね。スマホと別個にカメラを持つことが不要にも思えてしまい、買うのを躊躇してしまっている人もいるでしょう。
今回は、スマホには出せない一眼レフの魅力についてご紹介していきます。カメラを買おうかどうか悩んでいるという人は、参考にしてみてください。

スマホのカメラがあれば一眼レフカメラはいらない??

スマホのカメラ機能は近年、目覚ましい進化を遂げています。画素数を売りにしている機種も、様々なメーカーから発売されていますよね。現在発売されている一眼レフと高性能なスマホの画素数を比較してみても、それほど差はありません。そういったところから、「一眼レフをわざわざ買わなくてもスマホで間に合うのではないか」と思う人も、いるのではないでしょうか。

 

しかし、一眼レフはスマホには出せない魅力をたくさん持っているのです。画素数だけで、スマホのカメラ機能と同じようなものだという判断はしないでおきましょう。スマホとは違う一眼レフの魅力を知ったら、きっと皆さんもより一眼レフを欲しくなるはずです。

 

画素数と画質はまったく違う

画素数が大きいものほど画質が良いと思っている人も多いでしょう。しかし実際は、画素数と画質はまったく違うものなのです。
画素数とは、「どのくらい大きいサイズで写真が撮れるか」という数値です。画素数が大きいと大きく写真を撮れる分、画面上ではより縮小されるためキレイに撮れているように見えます。
したがって、スマホと一眼レフの画素数がたとえ同じであっても、まったく同じ画質かというと違ってきます。画質に影響するのは、画素数ではなく実は搭載されているセンサーのサイズなのです。一眼レフはスマホと比較するとセンサーのサイズが大きいため、画質が良いキレイな写真を撮ることができるのです。

一眼レフカメラの特徴

レンズが交換できる

レンズ交換を楽しめるのは、一眼レフならではの魅力だといえます。
望遠や広角、マクロなど様々な種類のレンズが、各カメラメーカーから発売されています。まず望遠レンズは、遠いところにあるものを拡大して写すためのレンズです。広角レンズは画角が広く、広い範囲を写すことができます。そして、マクロレンズは花や虫などの小さい被写体を大きく写すことが可能です。他にも、多種多様の交換レンズが発売されていますよ。
様々なレンズを買って試してみたり、撮りたい被写体に合わせてレンズを交換してみたりするのは楽しいものです。肉眼で見ているものをそのまま写真に残せるだけではなく、肉眼では到底見ることのできない世界も写真にできるのが、一眼レフの魅力です。

背景をぼかすことができる

背景をぼかした写真を撮ることができるのは、一眼レフの醍醐味です。
スマホのカメラではボケ感を出すことができないため、主役の被写体だけでなく背景もくっきり写ります。全体がくっきり写った写真も悪くはありませんが、見る人にごちゃごちゃした印象を与えてしまいかねません。一方、一眼レフでは背景がボケることで被写体が引き立ち、メリハリのある写真を撮ることができます。また、背景ボケした写真は味があってオシャレなので、SNSでもたくさん反応をもらえるかもしれませんよ。
一眼レフでボケ感のある写真を撮るときは、F値を調整します。F値とはカメラに取りこむ光の量をあらわす数値です。この数値が小さくなるほど、光がたくさん入るためボケ感が増すのです。

暗い場所での撮影もできる

一眼レフを使えば、暗い場所での撮影時も明るくキレイに撮れます。一眼レフは大型センサーを搭載しているため、たくさんの光を集めることができるのです。
暗い場所で撮影をするときは、カメラの光に対する感度である「ISO感度」を上げることでキレイな写真を撮ることができます。また、シャッタースピードを遅くすることも、暗い場所での撮影時におけるポイントです。そうすることで、光を取りこむ時間が長くなるのでより多くの光を集めることができます。ちなみに、画質もほとんど落ちません。
明るい場所であればスマホのカメラでもキレイな写真を撮れますが、室内での撮影や夜景を撮るには一眼レフがおすすめです。

遠くまで撮れる

一眼レフでは、遠くにあるものもキレイに撮ることが可能です。標準ズームレンズでもある程度までズームすることはできますが、望遠レンズを使うことでより遠くまで写すことができます。スポーツ観戦などのイベントのときには、望遠レンズが活躍することでしょう。また、とても遠いところにある月も、模様までくっきりキレイに撮れますよ。
一方、スマホのカメラ機能でもズームはできますが、画質が粗くなってしまいます。これは、同じ焦点距離のまま無理矢理写っている範囲の一部を引きのばす、「デジタルズーム」という方式を使っているからです。
その点一眼レフは、焦点距離を自由自在に変えることができるので、ズームにしても画質が落ちることはありません。

まとめ

スマホのカメラで一眼レフと同じような写真を撮ることは、非常に難しいものです。撮影における様々なシチュエーションに対応できるのが、一眼レフの魅力といえるでしょう。
スマホで写真を撮ることが好きという人は、一眼レフを買ってみてはいかがでしょうか。きっと、「スマホではこんな写真撮れなかった!」と驚くでしょう。

-camera

関連記事

HDR-AS300の実力を紹介!他機種との違いも解説

皆さんはHDR-AS300というアクションカメラを知っていますか?HDR-AS300は、ソニーが開発し販売しているアクションカメラで、使い勝手が抜群のモデルです。今回は、その特徴、魅力について使い方を …

ライカ ゾフォートの魅力に迫る!instax miniとの違い

皆さんは、ライカという言葉を知っていますか?ライカは、100年以上の歴史を持つドイツの高級ブランドです。魅力的なカメラをいくつも発売している同社ですが、今回はそんなライカから初めて発売されたインスタン …

水中で撮影!おすすめ防水カメラとその選び方はこれ!

レジャーシーズンに海や山で写真を撮る機会は多く、ダイビングやサーフィン、また登山中など、水中や雨の中で写真を撮るときに有効なのが防水カメラです。防水カメラといっても種類がたくさんあり、どれを選べば良い …

知りたいところ全部解説!GoPro HERO5 Session 徹底解剖!

動きのあるアクションシーンや迫力のある景色を、撮影者目線で臨場感たっぷりに撮影することができるアクションカメラといえばGoPro。最近はGoProで撮影された映像をSNSなどでもよく見かけるようになり …

リコーのアクションカメラとGopro・ソニー製品を比較しよう

アクションカメラとは 通常の一眼レフやデジカメとは異なる目線で写真を撮るためのアクションカメラには様々な機種があるのをご存知ですか。ここでは、リコーのアクションカメラとはどのようなカメラなのかについて …