レンタマ マガジン

初心者のための最新家電メディア

camera

今なぜ人気?!360度カメラの魅力とオススメ商品

投稿日:

通常の一眼レフやデジカメとは異なる目線で写真を撮るためのアクションカメラには様々な機種があるのをご存知ですか。ここでは、リコーのアクションカメラとはどのようなカメラなのかについて、特徴や性能についてご紹介するほか、同じくアクションカメラのGoproやソニー製品との違いについて解説していきたいと思います。

近年カメラにも様々なものが出回るようになりました。一般的なカメラだけではなく、飛行させながら撮影できるドローンや水中でも撮れるカメラなどが挙げられます。その中でも今回は360度カメラを紹介します。

360度カメラとは?


360度カメラとは、一般的な前方しか撮影できないカメラとは異なり、前後上下左右全てを一度に撮影するためのカメラです。レンズは複数あり、撮影した画像をつなぎ合わせることで、360度の撮影が可能になります。最も商品を出しているメーカーはリコーで、性能によって様々な価格が設けられています。

オススメ商品は?

360度カメラも最近は様々な機種がでています。今回はオススメ機種を紹介していきます。

RICOH THEATA V


このリコーの商品の中でも人気の商品は、「RICOH THEATA V」です。この商品のコンセプトは、「すべての空間をリアルに体感するハイエンドモデル」となっており、値段は46,000円〜です。

専用アクセサリーが充実

360度カメラの中でも高い価格帯にある商品ではありますが、4K動画が撮影出来るハイスペックモデルです。専用のアクセサリーである「3DマイクロフォンTA−1」を付けることで、垂直方向も含めた空間音声収録が可能です。

また、「水中ハウジングケースTW−1」は水深30mまでの防水性能を備えており、水中での撮影も出来ます。使い方は、カメラだけの場合電源をオンにしモードボタンで静止画撮影モードでシャッターボタンを押して静止画を撮影するか、動画撮影モードで動画を撮影するといったシンプルな使い方です。

パソコンで本格的な編集も可能!

さらにこの商品は、スマートフォンと連動しており、基本のアプリと編集アプリ(どちらもiOS・Android対応)を使用することで、撮る、見る、共有するといった操作が可能になります。スマートフォンだけでなくパソコンでも見たり共有出来るため、パソコンで使いたい方でも安心して使えます。
最終的にアダプターとカメラを接続することでテレビで見ることも出来ますので、すぐに見たい場合も問題ありません。

バッテリーの持ち時間に難あり

この商品の欠点として挙げられるのは、バッテリーの持ち時間です。フル充電しても、2,3日ですべて放電してしまい、使い物にならないといった声もあげられています。使用する際は前もって充電を忘れないようにしましょう。

RICOH THETA SC

 


次に人気の商品として、同じリコーの「RICOH THETA SC」が人気です。こちらは先ほどの商品よりも価格が安く手ごろであることから人気となっています。こちらの商品のコンセプトは、「高性能と使いやすさで360度を楽しめるスタンダードモデル」となっています。こちらの商品も使い方はほぼ同じですが、マイク端子がなく、マイクロUSB2.0になっています。

基本性能はTHETA Vが上?

また、「RICOH THETA V」とは異なり、Bluetooth機能がないことや別売りのアクセサリーである3Dマイクロフォンを使うことは出来ません。その他にも動画性能やISO感度性能・シャッタースピードなどは「RICOH THETA V」のほうが性能が高いです。加えて、内蔵メモリの容量は「RICOH THETA SC」が8GBなのに対して「RICOH THETA V」は19GBとなっています。

安価、軽量なエントリーモデル

しかしながら、「RICOH THETA SC」は値段が安いことだけではなく、軽量化されているのがメリットであると言えます。こちらは、アルミフレームではなく樹脂を使っているからこそ可能であることであり、持ち運びには便利であることが考えられます。値段も30,000円ほど安いため、試しに買ってみたいという方にはオススメの商品です。

Galaxy Gear 360


リコー以外のメーカーの商品としては、「Galaxy Gear 360」が挙げられます。こちらの商品はギャラクシーシリーズの商品と連動しており、「Galaxy S8・Galaxy S8+・Gear VR」といった商品をうまく活用することで楽しむことが出来ます。

シンプルな操作方法

操作方法もシンプルであり、メニューボタンと電源ボタン、撮影ボタンの3つしかありません。加えてこちらの商品は、Bluetoothに対応しているため、スマートフォン側でアプリを起動してボタンを長押しするだけでスマートフォンとの接続が出来るため非常にスムーズです。
しかしながら、Galaxy製品のスマートフォンを持っていない場合はスマートフォンでの編集が出来ない点や、パソコンの編集ソフトであってもMacには対応していないのが欠点といえます。

Galaxyシリーズなら他製品でも連動可能

360度カメラにも様々なものがあります。特にリコーの商品は、ラインナップが多く紹介しきれませんでしたが、価格帯も特徴も多岐に渡ります。Galaxyシリーズからも360度カメラは販売されており、他のGalaxy製品と連動しているため、その他のGalaxy商品を持っていれば、Galaxyの商品を満足に楽しめます。これを機に360度カメラを購入してみてはいかがでしょうか。

-camera

関連記事

ダイビングにはやっぱりGoPro!?オススメ3機種!

せっかくダイビングを始めたのであれば、きれいな海の景色を写真や動画で残したいですよね。思い出にもなりますし、家族や友人に見せてあげればきっと喜ばれることでしょう。今回はダイビングで使うカメラの選び方、 …

子どもの成長記録を残そう!2017年コスパ最強カメラ5選

子どもが生まれると、子どもの成長記録を残すために、カメラが欲しくなります。カメラは一般的に高額ですので、慎重にカメラ選びをしたいものですよね。そこで、今回はコスパが良いカメラを、オススメ総合ランキング …

一眼レフとミラーレスの違いって?両者の違いやオススメ機種も紹介

皆さんは一眼レフとミラーレスについて説明ができますか?名前を聞いたことはあるけど、それぞれどう違うのかについて説明するとなると困る方も多いのではないでしょうか。 ここでは、一眼レフカメラとミラーレスカ …

新世代自撮り!?ドローンの魅力や使い方を解説!

そもそもドローンとは? 一時期、大人気商品となった自撮り棒!SNSにアップする写真を楽しんで撮影した人も多いのではないでしょうか。でも、どうしても、自分のイメージした写真とは少し違ったり、角度によって …

躍動感のあるセルフィ―を!カシオ EXILIM EX-FR100L

旅に出かけると、その日その土地で感じたことを、あとから写真で思い出すことを楽しみにする方も多いのではないでしょうか。今回は、旅行やアウトドアの思い出をよりビビットに残すことのできるカメラ、EXILIM …